ハワイ語辞書"

HULAセンセイ JUNEのブログ。

GO!カフラオカアイナ!GO!いぶすきフラフェス。 (火, 11 6月 2019)
2ヶ月前からジワジワと体型と体重を目標数値まで寄せて行ってたのに、最後の5日間で一気に後退させるなんて、ストレス…こわい子!でお馴染みのワタシです。こんにちは。 2019年6月9日! いぶすきフラフェス、カフラオカアイナ(ほぼ)全員で攻めっから。と鼻息フンフンで行ってきましたよ。 前日まで何が起こるか分からないのが、イベントでして。 今年もね、手違いでお花が手に入らずにですね、エライ目にあったんですけど。 今までも、なんとかなってきたし、これからも、なんとかなる と言い続けて48年と10ヵ月。 ほらね、なんとかなった。 さて本番。 トップバッターのマクア クラス。 私にとっても初めてのタイプのドレスやフォーメーションを組んだりで、準備の段階からずーっと新しい事にチャレンジし続ける感覚で楽しかったね。今回で皆の心が更に繋がりあった感がしたです。 ケイキ クラス。 当たり前だけど、去年より1つお姉さんになって衣装もキツい!とか言っちゃったり。そして「バッテンに戻るトレーニング」も成功して、自分の場所でちゃんと踊れたの、偉かった。 そして鶴田ちゃん。 写真のMちゃん、実はこの数ヵ月前にお家が火事で全焼してしまって、色々なダメージを乗り越えての出演でした。鹿児島市内メンバーからも助け合いの心で愛の協力をしました。 ワヒネ・アドバンス1・アドバンス2・ジュン 合同 これまでのフラ人生を感覚だけでやってきたワタシに、理論派のメンバーが諦めず呆れずに付き合って噛み砕いてモグモグして仕上げた一曲でした。良く言えば抽象的、悪く言えば雑な例えを理解してくれるのは、付き合いの長さなのか? カイカマヒネ クラス。 多分、1番ゲキを飛ばされて(文字通り)お尻を叩かれて、大人のお姉さん達もワタシの(野村克也バリの)ボヤきを毎週のように聞かされてカフラオカアイナ全員から心配されてたクラスは、見事にステージで大暴れしてきてくれました。 デイ クラス。 安定の不安定のこちらの娘さん方は何故か3度目の出演でガッタガタに緊張してしまったらしく。それってアレよね、色々な自覚とか上手いこと踊りたいとかって気持ちが出てきちゃった系よね。成長しちゃうわけね、期待してます。 カカヒアカ クラス。 アイデア満載で自分達で支度も準備もモリモリやっちゃう頼りになる人たち。今回はお休みメンバーが多くて寂しかったろうけど、やり遂げましたね。久々ステージで激しく緊張したみたいですけど、クールでヤバいのは1番よ。 リビングカルチャー倶楽部。 新しいドレスで難しい曲に挑戦しました。カルチャースクールの(小さい事ばかりだけど)様々な制約のある中で、限界まで挑戦してコツコツと練習してきたお陰でステージに美しいお花が咲いたようでした。 ジュンさん。 私にとって大切な曲の1つを踊りました。 今まで、いぶすきフラフェスでソロを踊るのをライフワークにしてきてんですけど。 自分のお支度って1人でバッタバタやってたんすよ。 この日もそれを想定してスッと出来る飾りを密かに準備してたんですけど。 生まれて初めてな勢いで皆んなに囲まれてお支度してもらったった! 応援に来てくれたお友達が「多くの生徒さんの目に包まれて 私、幸せ ってお顔に書いてあったよー!」って。 やだ、書きながらまた泣いちゃう。 番外編。 初めてさん達を連れてワークショップに参加しました。 それぞれ、曲の振付を習うだけじゃなくて何かを感じていたようで良かった。 おかあちゃんは、そゆことをどんどん経験して自分のフラ道の糧にしてって欲しいなと思います。 今年は1日に集中してエントリーしてみました。 大変かなーと案じていたのですが、ベテラン組が本当に良く協力しあってくれてて、またも救われました。 なんとも有り難いです。 自他共に認めるテキトーでポンコツセンセーなのに、天使のような娘達に囲まれて幸せです。 あとね、何が嬉しかったかって! それまで自分達のステージに必死でそこにだけ集中してたメンバー達が、他のクラスのフラを応援して感想を(興奮気味に)教えてくれたこと! 数年前に、急にクラスと人数が増えた事があって、その当時少し感じたバラバラ感がどんどん無くなっていってるみたい。 カフラオカアイナをはじめたばかりのお家感がまた新しいカタチで生まれ始めたようで。 もうやだ。また泣いちゃう。 来月、またステージがあるからね。 ニコニコでのぞもうぜ。 無限大に言い続けるよ みんなのこと、あいしてる! カフラオカアイナ
>> 続きを読む